日中の妻の浮気を確かめる方法

更新日:

妻が浮気をしているのでは?と心配をされている旦那さんも多いと思います。なかには「ほぼ間違いないけど証拠がない」という方も多いとか。

そこで、あなたが日中に仕事をしている間に、本当に妻が浮気をしているか?確かめるための方法や兆候についてご紹介したいと思います。

日中に妻が浮気をしているか?確かめる方法

日中の妻の浮気を確かめるには、ベタですがやはり今でも尾行しかありません。なかには妻の車にGPSを付けるという方もいますが、女性の場合にはたいていは浮気相手の男性の車に乗り換えて移動するので意味がありません。

また、カバンなどにGPSを取り付けるというのは現実的ではなく、かと言ってスマホの履歴を確認するというのも「夫が私の浮気に感づきはじめた」と、こちらの動きがバレてしまう原因になるのでこれもマズイんです。

日中は仕事だから尾行なんて無理?それは自分でやろうとするからです

例えあなたが尾行をするための時間を日中に作れたとしても、それだけは絶対にオススメできません。

なぜなら、今時はネットやテレビの影響もあって、浮気をしていると尾行されたりスマホを覗かれたりするくらい覚悟をしているからです。

だから一般の人が自分で尾行をすると大抵の場合にはバレてしまうんです。そのバレる理由は尾行する時の距離が関係をしてきます。

ちゃんと尾行をするにはある程度は近い距離を保つ必要があって、歩きの場合には同じ人がずっと前から後ろにいるというのは不自然なのですぐに目につくものなんです。特に日中だと振り返られると即バレです。

また、車で尾行するとなれば信号にひっかかって見逃したり、わざと停車されて追い越してくるのを見て「尾行かどうか?」を確認されるケースが多いからです。また、日中だと同じ車が後ろにいるということも簡単にバレてしまいます。

尾行のプロに依頼するという手しかありません

まず、尾行のプロというのは主に「浮気調査をしてくれる探偵」を頼るのが一般的です。浮気調査のために必要な証拠写真や相手の素性を調べてもらうにはうってつけなんです。

そうした探偵(プロ)は単に日中の尾行に慣れているだけじゃなく夜間にも強く、しかも複数の人数で入れ替わりながら尾行をしてくれます。

そのために、車で尾行しているスタッフが信号にかかりそうになれば、そこからはバイクのスタッフが尾行を津続けてもらえるなど、ずっと同じ人が後をつけるわけじゃないので見た目にもバレづらいですし、見逃してしまう可能性も最小限にできます。

妻が浮気をしているとこんな兆候が起こるようになります

  1. 帰宅が遅くなる
  2. 友達と遊ぶ日がやたらと増える
  3. 先に寝てることが多くなる
  4. 料理が適当になる
  5. 昼夜問わずスマホを肌身離さず持ち歩く
  6. 急にオシャレになった
  7. 上機嫌な日が多くなった
  8. 夫の残業や休日出勤に文句を言わなくなる

帰宅が遅くなる

妻が浮気をしている場合には、大抵は昼だけでとどまらずに夜遅くに帰宅する事も増えてきます。友達と遊んでたという理由を使う事も多く、そのうち「終電を逃したから泊まって帰る」なんて言い出しかねません。

友達と遊ぶ日がやたらと増える

女友だちと遊ぶという理由は妻が浮気をしている場合には最も多く選ばれる理由のようです。ただし、これも最初は日中に「友達と遊ぶ」という理由を使うことから、じょじょに夜まで頻繁にでかけるようになります。

先に寝てることが多くなる

今まではあなたが帰宅するまでは起きててくれていた妻も、日中に浮気をしている浮気妻は夜はヘトヘトです。そもそも夫には関心が薄くなっているので平気で先に寝るようになります。

もちろん、もともと先に寝ている妻には当てはまらないかもしれませんが、以前に比べると明らかに違ったという場合には、浮気が濃厚です。

料理が適当になる

これまでは煮魚や煮物など時間のかかるおかずが多かったのが、焼くだけの料理が多くなったり、スーパーやデパ地下のお惣菜が多くなってくることも傾向の一つと言えます。

なぜなら、浮気をするために家を離れる時間が多くなるからで、それとは真逆に、日中に外で買い物をしてくる時間はしっかり確保できるからです。

昼夜問わずスマホを肌身離さず持ち歩く

男女問わずに当てはまることですが、浮気相手とのやりとりはきっと妻もLINEなどを利用しているはずです。

そうでなければメールですが、いずれにしてもスマホに返事が来るのを待っていたり、会話を楽しんでいることは間違いありません。女友達とはそこまで蜜にはやりませんからね。

急にオシャレになった

来ている服の色がグレーや黒っぽいものから、華やかな色に変わってきたり、やたらZOZOTOWNなどで買い物した箱が増えるようになったら要注意です。

何もなければそんなに服を買う必要はありませんので、急に服の数が増えてきたらそれはもっとも分かりやすい妻の浮気の兆候と言えます。

上機嫌な日が多くなった

浮気で毎日が充実してくると、不思議なもので妻は夫に優しくなることが多く、上機嫌な日が増えてくるものです。

やましいところがあるから優しいのか?それとも単純に浮気相手とのやりとりが楽しいからからか?人によって違いますが、大抵の場合は上機嫌になると言われています。

(※確かに、私の友達も浮気をしていた時は旦那さんに「最近怒らないね」と言われて、慌ててそれまでのようにガミガミと怒る事を意識したと言っていました。)

夫の残業や休日出勤に文句を言わなくなる

普通なら、残業続きや休日出勤をされると妻は不機嫌になるものです。晩御飯の用意が面倒だったり、休日に買い物に一緒に行きたいのにいけないなどストレスが溜まるからです。

でも・・・浮気をしている妻は違います。むしろ夫が家に戻らない時間が増える方が嬉しいもので、特に休日出勤なんてしてくれれば自由に外出もできるので浮気相手と会える時間が確保できるものなんです。

浮気調査のプロが提出してくれる証拠はどんなもの?

プロは尾行だけがプロというわけじゃありません、浮気をしているかもしれない妻について「決定的な証拠写真」や「動画」をおさえてくれるんです。

実は、離婚をするしないで揉めた時、妻の浮気をちゃんと証明ができる証拠がないと、単なる夫からの言いがかりと判断されるケースがあるんです。(離婚調停や裁判の場合)

そういった時に、何がどれだけ強い証拠になるか?それをプロは知っているんです。なのでこちらが何も知らなくても、後の離婚の際に夫に有利になると思われる証拠をしっかり掴んでくれるんです。

また、証拠写真や動画はたった1日しかなければ「妻の浮気の証拠」として意味をなさないそうです。せめて数日分は証拠がないとダメだそうです。(もちろん、妻が浮気を認めた場合には証拠は不要ですが)

浮気相手を懲らしめるにも証拠は欠かせません

妻が浮気をしていた場合、必ずしも離婚をするとは限りませんよね。でも、発覚した以上は相手の男に今後は妻に手を出さないように「思い知られる必要がある」と考える方も多いようです。

確かに、慰謝料をもらうことは相手に反省をさせるよい経験にもなりますし、今後のあなたの夫婦生活に平穏を取り戻すには必要不可欠とも言えます。

この場合にも、浮気をしていたという証拠がなければ相手に認めさせることはおろか、裁判になった時には下手をすればあなたが負ける可能性もあります。

そ のためにも、浮気の証拠写真などを数日分は確保しておく必要があります。ここでも大切なのは「法定で浮気として認められる証拠」です。ビジネスホテルの出 入りではダメですし、1日だけの浮気の現場写真では継続性が立証できないので浮気として認められません。これは要注意ですよ。

【日中の妻の浮気を確かめる方法】まとめ

  • 日中に確かめるには尾行するしかない
  • 尾行をするには素人では無理、プロに頼むべき
  • 浮気をしている妻は様子に変化が出てくる
  • 浮気調査のプロが動けば離婚や慰謝料請求を意識して証拠を掴んでくれる

妻が浮気をしている証拠を掴もうとする夫が多いのは当たり前ですが、そこは冷静に「ちゃんとした証拠」を掴む必要があるので、浮気調査を専門とするプロに依頼するのがベストと言えそうです。

過去に私の周囲では浮気の疑って「自分で尾行した人」が何人かいますが、全員が証拠をつかむことができなかったそうです。おそらく、尾行途中で車などが原因でバレてしまったようです。

浮気している側の人はいつも警戒をしているので一般の人が探偵のマネをしても難しいようです。

あなたに合った浮気調査の探偵がわずか2分で分かる!

↓   ↓   ↓


タントくんという上記のサービスは、あなたと探偵事務所を橋渡ししてくれるサービスになります。

登録されている浮気調査に強い全国の探偵事務所の中からあなたの状況や予算に合った探偵事務所を紹介してくれるものです。

匿名・無料で試せるのでまずは詳細を上記のサービスについて公式サイトをチェックしてみてください。

最初の1歩を踏み出せば後はプロのサポートできっと上手くいきますよ。

なお、タントくんの実際の入力画面などは以下のレビュー記事でも紹介してます。
↓   ↓   ↓

浮気調査のためのお役立ち記事

1

浮気調査の依頼や相談をしてみたいけど、どこに頼めば良いか分からない!そんな全国にいる多くの方々に選ばれているのが探偵探しが簡単にできる「タントくん」という無料サービスです。   スマホやPC ...

-浮気の証拠

Copyright© ウワラボ , 2018 AllRights Reserved.