旦那の浮気の証拠を確保をする正しいやり方

投稿日:

旦那の浮気の証拠を確保するには「あなたの旦那に合った方法」で確保しないとすぐにバレる可能性があります。

例えば、巷によくある旦那の浮気の証拠確保のための情報で「カーナビの履歴を見る」なんて方法がありますが、うっかりこれをやると、旦那が仕掛けたトラップに妻のあなたが掛かるリスクがあるんですよ。

旦那の罠にかからず確実に証拠を確保する方法を紹介させていただきます。

旦那のタイプによって証拠確保のやり方を変える

旦那がスマホに詳しかったり、車やバイクに詳しい人の場合には、安易にスマホを覗き見たり、カーナビの履歴チェックや、はたまたレンタル品のGPSを車につけて証拠確保に動いてもすぐにバレます。

反対に、スマホに疎い旦那なら暗証番号さえ暴けば、メールや電話帳などスマホの中身を全て覗き見をしてもバレず、カーナビの履歴チェックで休日や会社帰りの行動の全チェックも可能です。

ただ、今時は妻によるチェックを見越している旦那も多く、そんな場合には、探偵のような浮気調査のプロに証拠確保をお任せをするのが確実な手となります。

プロならスマホに精通している旦那には違う手を使いますし、車好きな旦那には車にGPSをつけたりカーナビをチェックするような危険な証拠の確保は選びません。

旦那の浮気の証拠を確保しようと罠にかかる女性が続出

旦那がカーナビ操作に詳しい場合や、旦那の行動を調べるために「GPSをつける嫁がいる」という主婦のトレンドに敏感な人なら、うかつに素人が手をだすべきじゃありません。

なぜなら、証拠確保のためにナビを触ったり、レンタル品の簡易GPSを仕込ませてもバレるからです。罠を仕掛けられてうっかりバレる女性が非常に多いそうですよ。ちなみに、素人の調査がバレるケースは以下のようなものがあります。

カーナビ操作に慣れている旦那の場合

カーナビ操作に慣れている旦那の場合には、帰宅するたびにやましい証拠となる「履歴」を消すのは当たり前です。でも怖いのは消す行為ではなくて「嫁が自分の浮気を調べるためにナビを触ってんじゃないか?」と罠を仕掛けていることです。

さりげなくいつもと違う画面にしておき、その画面から違う画面に操作を変えたら分かるようにする古典的なやり方もあり、「最後の履歴チェックは何時何分か」が分かるものもあるからです。

浮気中の旦那は基本的には常に疑われているつもりで動く人も多いので、妻からの疑いが分かるように罠を仕掛けるくらいは平気でやるはずです。

スマホを使いこなす旦那の場合

浮気中の旦那がスマホに詳しい場合、よく仕掛けるトラップが「ソファーなどに無造作にスマホを放置する」という手口です。この時、スマホの暗証番号4桁を何度か間違えるとロックがかかるようにしている事もあります。

通常は3回くらい間違えてもなにもロックなどかかりませんが、アプリなどを利用すればこんな事は簡単にできます。ここで注意が必要なのは、解除ミスの連発によるロックではなく、「ロック」によってあなたが旦那に浮気の疑いを調べた事実を知られてしまうことです。

浮気調査にGPSが有効だと知ってる旦那の場合

浮気調査のために「レンタルの小型GPS」を使う女性も増えているそうですが、その機器によって精度はピンきりです。それに、GPSは衛星を使って居場所を突き止める機能なので地下駐車場に車を預けて浮気相手の車に乗って移動されると証拠は掴めません・・・

なお、うかつにレンタルのGPSなんて使うと、調べた行為が旦那にバレやすいと知っておいてください。ちなみにバレるケースはいつかありますが、主に以下のようなものとなります。

  1. 車のラジオにノイズが入りバレる
  2. 車の点検やオイル交換時に車屋さんが発見する
  3. 事故を起こした時に修理工場や保険屋さんのチェックでバレる
  4. 電話の通話中にノイズが入ってバレル

他にもいろいろありますが、よくありがちなバレ方はこのようなものになります。

1 今時はスマホの音楽をFM電波を利用して車のオーディオで聞く人も多いので、これだとかなりの確率でバレるようです。(この意味が分からない方はGPSには手を出さない方が得策です)

2 車のオイル交換や車検の際に整備士さんが発見し旦那に「こんなものついてますよ?大丈夫ですか?」と教える事も多いです。どうしてそんな余計なことをするかと言うと、車屋さんからすれば旦那は大切なお客さんなので、親切心で教えるみたいです。

大抵の場合、教えてもらった旦那は車屋さんに感謝して、次回の車検やタイヤ交換、または次の車の買い替えにつながるなんて事も耳にします。

3 車に乗っている以上は事故を起こさないとは限りません。よく耳にする話として、GPSをつけた時に限って他人に車をぶつけられたり、自損事故を起こして車屋さんに修理に出すという話です。

この場合、「2」のケースよりもはるかに発見される確率は高くなります。なぜなら、修理に出す車というのは車内の荷物を全て空にしてから預けるのが一般的だからです。ですから、シートの下やトランクなどに入れている場合はまずバレます。

また、事故の修理に保険を使う場合も発見されやすいです。なぜなら、保険屋さんは車の破損箇所の写真撮影やその他に破損や異常箇所がないか車のチェックをするからです。

この場合、車の下を覗き込んでチェックする保険屋さんも多いので、強力なマグネットで車の底に取り付けているGPSなんかもすぐに発見されて旦那に報告されます。(車体の底にGPSをつけたままでの修理は規定の関係もあってできないからです。)

4 携帯電話(スマホも)で通話をする時、本来そのGPSがノイズ対策品であっても何かのきっかけでノイズが入るリスクがあります。なぜなら、GPSは宇宙にいる衛星との通信で自分の位置を確認している装置だからです。それほど離れた衛星との通信のやり取りがノイズで影響するのはごく自然な現象です。

それに、GPSの機能は本来なら携帯の通話に影響のない自動ドアの感知部品からのノイズやタクシーの無線のノイズなど、他のトラブルを引き寄せる可能性もないとは言い切れません。

旦那の浮気の証拠を掴む前にバレたらオシマイ

旦那の浮気の証拠を確保するにはプロに頼む他ありません。でないと証拠を確保しようとしているのがバレてその後は尾行を簡単に撒かれたり、浮気相手がこちらの尾行をさらに後ろから尾行するなんて散々な結果に繋がりかねません。

また、一度でも尾行やスマホ・カーナビを触ったのがバレると、相当腕の良いプロでなければ浮気現場の証拠を確保するのは難しくなります。難しくなるということは調査日数も多くかかるようになるため、莫大な依頼費用がかかる原因にもなります。(時間給で計算する探偵事務所が多いので)

プロを利用して証拠を確保する場合でも、短期間でバシッと掴めば依頼費用は安くなります。そのためには、あなたが旦那の浮気を疑っていないくらいの素振を見せるくらいでちょうど良いんですよ。

旦那が浮気をしていなかった場合のリスク

「うちの旦那は間違いなく浮気をしている」と断定できる方はここから先はお読みいただく必要はありません。でも100%の確証がない場合には「旦那は無実」という可能性もあります。

疑った事実や調査がバレなければいいだけですが、素人が自分で浮気の証拠を掴もうとしてバレると、「妻の思い込みにウンザリ」という理由で離婚を突きつけられる恐れだってあります、だから「絶対に浮気中」という場合以外は慎重に行動をお願いしますね。。

もちろん、浮気中であっても証拠を確保する前に調べているのがバレしまうと簡単に離婚でなくなったり、慰謝料がもらえなくなったり、最悪の場合、あなたは精神を病んでて被害妄想癖があると言いがかりをつけられる恐れだってあります。尻尾を掴むためには浮気調査に強い探偵(プロ)に依頼するのが確実ですよ。

あなたに合った浮気調査の探偵がわずか2分で分かる!

↓   ↓   ↓


タントくんという上記のサービスは、あなたと探偵事務所を橋渡ししてくれるサービスになります。

登録されている浮気調査に強い全国の探偵事務所の中からあなたの状況や予算に合った探偵事務所を紹介してくれるものです。

匿名・無料で試せるのでまずは詳細を上記のサービスについて公式サイトをチェックしてみてください。

最初の1歩を踏み出せば後はプロのサポートできっと上手くいきますよ。

なお、タントくんの実際の入力画面などは以下のレビュー記事でも紹介してます。
↓   ↓   ↓

浮気調査のためのお役立ち記事

1

浮気調査の依頼や相談をしてみたいけど、どこに頼めば良いか分からない!そんな全国にいる多くの方々に選ばれているのが探偵探しが簡単にできる「タントくん」という無料サービスです。   スマホやPC ...

-夫の浮気

Copyright© ウワラボ , 2018 AllRights Reserved.